Dark night of the soul Secret path to the Light

春、桜の咲く前に・・・
2017-04-02 Sun 11:32

CIMG1580_(2)_convert_20170402001827.jpg


春夜雪花

いまでも、この星に季節がめぐり、
季節に随順して、畑のすももの花が
今年もいっそう誇らしく、満開に、咲き零れようとも、
すでに夢幻は、終わりから数えてこそ、
より慕わしく、より惜しまれもしよう。

みずからのいのちの終わりを、
世界の終わりに、重ねてみるでもないが、
やがて向かうべき地平の涯が、
いやおうなく、視界に映るようになったいま、
常夜に入るまえに、もうしばらく留まる間、
沈黙を、新たに聴こえさせる、星霜の語らいを、
だれに咎められようと、やめないことにする。

どこから来た天使の受胎告知も、みな退けて、
おのれの子を生み育てる、太古からの処女は、
やがて雨季の、青が散乱する光粒を纏うて、
血膨れのような果実に、おのが身を変容させる。

若い日は遠ざかり、幾多のあらしに耐えた樹も
古木となり久しいが、月のない春の夜ふけには、
雪のような花衣の袂を、そぞろ歩きながら、
そわそわする予感に吹かれて、手を高く伸ばそう。

姿は見えないけれども、いくとしつき
わが命を彫刻してきた、苦悩する精霊たちが、
いつしか安らぎ憩う、清浄なる依り代を探すために。


CIMG1574_convert_20170402015712.jpg


騒ぎのせいで、こちらは回避されたが・・・

(ツイッターより m TAKANO氏)
今日は4月1日。国有地売却疑惑が問題にならなかったら、
瑞穂の國記念小學院では“名誉校長安倍昭恵氏”も出席して
盛大な入学式が行われていたに違いない。
式では昭恵氏が挨拶し、安倍首相からの祝電も届いただろう。
現実に進行していることとの落差に
思いを致して見ることは意味のないことではない。

しかし…その一方では着々と。
  教材で教育勅語OK
  中学生に「銃剣道」
  パン屋はダメで和菓子屋に

エイプリルフールじゃないのが恐怖である。
それも、この国での出来事である。


スポンサーサイト

別窓 | poems | コメント:2
| 星の海の守 | 逆巻く風が不安なページを・・・>>
この記事のコメント

こんにちは。

ああ・・・美しいですね。
花の美しさもさることながら、私はこの頃、木というものの『樹形』の美しさそのものにも惹かれます。

しかし、人間のしていることはなんと愚かで醜いのでしょう・・・
人間のしでかすことくらい恐ろしいことはない。

毎日、朝起きて、今日という日が当たり前のようにあることの僥倖、を思います。
その当たり前、はいつ奪われるかわからない。
それが愚かしい指導者たちによってもたらされるものであったとしたら、そんな無念なことはありません。
でも、そういう指導者たちを選ぶのが一般大衆であるとすれば、その大衆が、自分たちの選択の結果、ということをあまり我が身に引きつけて考えていないようなのが心配でなりません。

考えていると頭が変になりそうなことばかりです。






2017-04-14 Fri 13:41 | URL | 彼岸花さん #bKDOO.Zg [内容変更]
承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017-04-24 Mon 09:04 | | # [内容変更]
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

| 星の海の守 |