Dark night of the soul Secret path to the Light

『これが、国家なのか』 
2014-04-24 Thu 01:51

2011年3月を、日本人が 永遠に心に刻むように、
2014年4月を、韓国人は、決して忘れないだろう。

一方は天災で、一方は人災なのか・・・そうだろうか?
どちらも、おなじではないか。

国が、転覆したのだ。なすすべもなく、目の前で・・・
そして、たくさんの命が、奪われていった。

わかるだろう。そういうことなんだ。

真っ先に逃げ出した船長や、不甲斐ない船員たちの話も、
最後まで任務を全うして、命を落とした女性乗務員の話も、
楽しい修学旅行の途中で、犠牲になった生徒たちのことも、
残された遺族たちの慟哭も、李明博時代の規制緩和で、日本の古い船を買い、
安全を無視して改造し、積載量を超えた積荷を載せて航行し、
危険な水域で、未熟な舵を切ったことも、他のことも、もういいだろう。

連日の報道で、日本人はあることないことを、たっぷり聞かされ、
隣国の不幸に、呆れもすれば、涙もすれば、いよいよ蔑みもしたはずだ。

だからもう、そんなことは、話したくもない。


肝心なことだけ、書いておこう。

韓国人にできることが、なぜ日本人にはできないのか?


韓国紙「中央日報」は、こう記す(4月21日)。

この6日間、私たちの心はすべて、珍島沖の孟骨(メンゴル)水道に向かった。
無情に短い停潮時間、雨が降らないか、風はどれほど強いかと心配した。
奇跡が起こらないかと注視した。しかし昨日午後、次々と引き揚げられる
安山檀園高校の、生徒の遺体を見ながら、私たちは気を落とした。
この残忍な4月、大人の裏切りで、冷たい遺体となった17歳の生命…。

昨日は復活祭だった。半月後は釈迦誕辰日だ。
私たちは亡くなった生徒に、この野蛮な地に生まれ変われという、自信がない。

むしろ三国遺事の、『元暁大師と蛇福の話』から借りた、
小説家キム・フン氏の、26年前の弔辞が胸に響く。

「行きなさい。そしてふたたび、生死を繰り返してはいけない。
 人間であれ、畜生であれ、二度と生を受けてはいけない。
 腐って、“空”になりなさい。
 あなたが行ったそこはどうか・・・黄色い日が昇り、白い月が浮くのか」



なんという悲痛な、弔いの言葉であろうか。

「韓国は、子供たちに、幸福を約束できない国だ」と、罪状を告白しているのだ。

偽りの希望や、気休めのプラス思考、未来志向など、どこにもない。

凄惨な悲劇を、目の当たりにした、率直な気持だ。

韓国の人々はいま、自国を蝕む病と、受けた傷の深さと、
罪の重さとその代償の大きさに、打ち砕かれている。

あの転覆したセウォル号こそが、自分たちの国であり、社会そのものであり、
あれら無責任な船長と船員たちには、自分たちの姿が重なると・・・

どのメディアも、わが身を責めさいなむように、厳しく国のあり方を問う。
身から出た錆なのだから、その煩悶と慙愧、悔恨は、なおさら深い。

そうやって、国全体が慟哭している。


沈没事故
(写真はハンギョレ新聞より。雑誌「ハンギョレ21」の表紙)

「これが、国家なのか(이것이 국가인가)」。


日本に当てはめれば、福島の「死の街」を表紙にしてこそ、
もっともふさわしい、タイトルではないのか。

2011.3.11以来、枝野幸男の「ただちに影響はありません」から、
安倍晋三の「アンダーコントロール」まで、日本に住むわれわれも同じように、
どれほどの嘘と欺瞞と、無為無策と責任放棄を、見せ付けられてきたことか。

韓国では、当面の責任者は逮捕されたが、日本では罪の意識さえない。
だから異常なことが、これからも続く。そんな政府を、支持する限り。
声を上げるよりも、騙されているほうが心地がいいと、感じている限り。
このことは、これまでに何度も書いたので、いまさら虚しいばかりだが。


それにしても・・・事故当時、セウォル号の操舵を担当していたという、
経験の浅い、若い3等航海士の女性は、これからどうなるのだろうか?
過失致死とはいえ、あれほどの大惨事は、戦争での犠牲者にも等しい。
その事実の重さに、どうやって向き合ってゆけるのだろうか?

だが社会が真に甦るとは、彼女が法の裁きを受けて、その罪を償い、
生まれ変わった気持で、ふたたび世に、生きる場所を得てこそではないのか。

いま血を流しているのは、国そのもの、社会そのもの、われわれの時代でもある。

もう二度と、そこで生きようと志した海には、戻れないだろう。
海を見ることさえも、辛いだろう。生きている限り、贖罪の日々が続くはずだ。

それを思うときに私は、いつだれが、この若い3等航海士と同じように、
ある日突然、この時代の負債を、思いがけずも、一身に引き受けることになるのか、
今日明日、だれの身に起こっても、まったく不思議はないと、恐怖するのだ。
われわれの誰もが、この歪んだ社会のどこかに、組み込まれているのだから、
いつでも犠牲者や、あるいは加害者に、なりかねないということだ。

多くの人命を預かる輸送機関が、営利本位のいいかげんな会社に運営され、
労働者を低賃金で、使い捨てる非正規労働の問題(船長も契約社員だった)。
社員の教育は行き届かず、事なかれ主義が蔓延し、様々な不備が増大してゆく。

新自由主義が要求する、規制緩和のおそるべき実態に、踏み込んでゆけば、
日本にもそのまま当てはまる、会社や事故が、いくらでも思い当たるだろう。

事故を起こした船長船員や船会社のみ糾弾し、罰すれば済む問題ではない。
あそこに私がいる、あの会社はここにあもる・・・そこまで考えてみなければ。

限りなく痛ましく、寄る辺もなく悲しく、無性に腹立たしく、悔しく、
許しがたい事故であるからこそ、なおさら・・・子供たちのだれもが、
喜んで生まれてきて、幸せに生きられる、社会を模索してゆかなければ。

しかしそれは、多くの命を沈めてしまった、霧深い海の流れを渡るよりも、
さらに困難で、険しい道のりになるだろう。これからも、苦難は続くほかない。

韓国も、そして日本もまた・・・

経済成長という大義の大道を、脇目もふらずに暴走する、命を省みず、
せわしく、心を忘れ去った、人を人と思わぬ社会が作ってしまった、
このおなじ病、おなじ傷から、人間性をどうやって、回復させることができるのだろうか。




スポンサーサイト

別窓 | impressions
| 星の海の守 |