Dark night of the soul Secret path to the Light

Merry Christmas!!!
2013-12-24 Tue 13:35




Merry Christmas!!!

太陽系最大の惑星、木星が、ベツレヘムの星のように輝く・・・
イヴの夜に、星狩りが大好きなキャロルを、お贈りいたします。

Veni Veni Emmanuel (Oh come, Oh come, Emmanuel)

「来たれ、インマヌエル」(日本語の賛美歌では「久しく待ちにし」)は、
もともと中世のラテン語聖歌で、救い主を待ち望む、切実な祈りです。
クリスマスを迎えるアドヴェントの期間に、広く歌われます。

「インマヌエル」とは、旧約聖書で、その誕生が預言された人物の名前。
ヘブライ語で、「主は、われらとともに」との意味です。

旧約時代、国を滅ぼされ、バビロンに捕囚された、イスラエルの民は、
メシア(救い主)の誕生に希望を繋いて、苦難の歳月に耐えました。


見よ、おとめが身ごもって男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。
(旧約聖書・イザヤ書 第7章14節)



キリスト教ではこれを、イエス・キリストの誕生として解釈します。

世界で最初の、クリスマスプレゼントとは、
神が約束されたとおりに、人間を信じて、幼子の姿となり、
マリアとヨセフという貧しく若い夫婦に、自らを委ねた「託身」。

神さまが、ご自身を与えてくださったのだと・・・

どんなに高価な品物にも、どんなに美しい言葉にも勝る、最高の愛の証は、
自分の人生そのものを、相手のために差し出すこと。
神様が幼子となって地上に来られたというのは、つまりそういうことなのです。
今晩も、皆さんの上に、神様の祝福がありますように。
(2013年12月24日 片柳神父のツイッターより)


この意義を、いろいろ思い巡らす人もいれば、反発を感じる人もいますが、
クリスチャンか、他の宗教か、無神論者かは、問題ではありません。

ミッション系の中学に入学して、はじめてミサ聖祭に参列したとき、
担任だったシスターは、生徒たちに、こんな風におっしゃいました。

「みなさんのなかには、クリスチャンでない人のほうが多いし、
 特定の宗教をもたれている人も、もちろんいるでしょう。
 ミサに出たくない人がいるなら、申し出てください。
 でも一緒に、ミサに出席しても、キリスト教の神さまではなく、
 ご自身の信じる神さまに、お祈りしていただければ、いいのですよ」。


イエス自身も、他の宗教を否定するような人物ではありませんでした。

クリスマスを、家族と過ごす人も、ひとりで過ごす人も、
世界中がこの聖夜に、ひとつの祈りと喜びに包まれる・・・・・
どうかそのなかに、あなたのお祈りも、ご一緒に捧げてください。

世の不正や、虐げたらた人々の有り様を知ったとき、
心に感じる痛みは、神と人との、直接的な接触。
最も弱い者たちと、共にある神が、人間の愛と、助けを求める姿。
だからこそ大切なのは、子供たちを世話するときのような、
無条件の優しさ、慈しみと注意深さ、素直さと分かち合い。

闇のなかに光を、苦難のなかに希望を求めて歩む、
みなさま方の魂が、心をふるわせる祈りの歌と、
星辰のあいだで、極光をまとう大地につつまれて、
神の平和のうちに、心安らかに過ごせませすように。


kurisumasu.jpg
An infrared Spitzer Space Telescope image of NGC 2264
Credit: SIRTF/NASA/ESA.

クリスマスツリー星団(いっかくじゅう座。約2400光年)
冬の天の川のなかで輝く、双眼鏡でも見える星団(NGC2264)です。


Glory to God in the highest,
and on earth Peace,
good will toward men and women.

Amen




スポンサーサイト

別窓 | faith & prayer
| 星の海の守 |